子ども

ずっと本を書きたかったけれど、2017年は書けなかった。

親カフェインストラクター 表紙

大学生の頃からずっと本を書きたかった。

一生に一冊書ければいいなぁと思いながら偉人の残す書籍を読んできた。

自分で本が書けて、出版もできると知ったのは2016年の10月頃。

だから、2017年の目標は本を出すことだった。

結果、本は出せなかった。

けれど、テキストは出せた。
自分で作った親カフェインストラクター講座のテキスト。ここまで、

続きを読む

凸凹のある可愛い子どもたちを可愛いまま大人に。静岡のサークル「チーム彩」

凸凹 子ども 静岡

本日は「凸凹っ子と家族のお話し会」にボランティアスタッフとして参加してきました。

どの子も「今」を一生懸命生きているなぁ。と感じました〜!

・天井をず〜〜〜っと見る子。

・1つのことにギューーーっと集中する子。

本当に不思議で本当に可愛い子どもたちにそのまま大人になってほしい。

というのは、勝手な願いでしょうか?

続きを読む

子どものサポートをする為に大切なこと3つ

子ども サポートスキル

子どもたちのサポートをする人に大切なことが3つあります。

第一に人が「安全基地」であること。

第二に人が「教えてくれる存在」であること。

第三に人が「期待してくれる存在」であること。

この3つがそろう必要があります。

続きを読む

クラウドファンディング式のファンクラブに挑戦①【サポートスキルを話しながら日本を周る】

クラウドファンディング ファンクラブ ラクタス

日本の教育をよりよくしたい。

そのためには多くの人にサポートスキルについて知ってもらう必要があると心から思う。

(サポートスキルの一部についてはこちらをご覧ください)

3通りの方法でなくて、10も20もある中から子どもにあったサポート方法を選んで欲しい。

より多くの方に情報を届けるために、もちろんネットは活用していく。

けれど、それでは「熱」が伝わらない。

やはり、直接話すことが一番伝わる。

だから全国を飛び回って話をしたい。

続きを読む