個別面談について

・子どもが言うことを聞かない

・どうしてもイライラしてしまう。

・うちの子少し変わっているかも。

・子育ての悩みが尽きなくて困っている。

・誰にも相談できない・・・。

そんな方のお悩みを少しでも軽くするため、個別面談を行なっています。

 

個別面談をなぜするの?

個別面談では、現状の把握と問題点を明らかにすることで解決策を導きだします。

その上で、その日からできる具体的方法をお伝えし、すぐにでも実践できるようにすることが個別面談の狙いです。

電話でもなく、メールでもなく、顔の見える形での面談をオススメしています。

顔が見えることで相手の表情がわかり、より話しやすくなるからです。

具体的に、細かくお話ししていただくことで、より具体的な提案をさせていただくことができます。

 

個別面談のタイミングは?

1回だけでの個別面談で満足される方が多いです。

しかし、それでは継続した支援を行うことができないと私は感じています。

1回だけでも、長期の目標、短期の目標等は立てることができます。実践することもできます。

しかし、1回だけでは「フィードバック」と「修正」をすることができません。

人は日々変わっていきます。成長もしていきます。子どももそうですよね。

思っていた以上に変わらなかったり、変わってしまったりすることがあるのが人間です。

そのため、6回連続での個別面談を推奨しています。

理想は、1週間に1回行うことです。

ただ、それは日程的に難しいと言う方がいらっしゃいます。

それでも、1ヶ月に1回、少なくとも2ヶ月に1回は個別面談を行うことをオススメしています。

面談の期間を短くすることで、お子さんの状況や困っていること、成長したこと、できるようになったこと、課題などを連続的に詳しく分析することができます。

定期的な面談がオススメです。

 

個別面談の場所は?

ラクタスコンサルティングオフィスの面談は、弊社の指定する場所(静岡駅付近もしくは静岡近郊)で行います。

もしくは、スカイプ等のテレビ電話でも可能です。

 

個別面談の時間は?

個別面談の時間はおよそ2時間程度です。

「現状のヒアリング」で1時間ほどいただき、残りの1時間で解決策をお伝えしています。

60分程度の面談を希望される方もいますが、それでは心に余裕を持って行うことができないため、できる限り2時間、もしくは3時間程度のお時間を用意していただいています。

 

個別面談の内容は?

個別面談では、現状の把握と問題点を明らかにし、解決策を導きだします。

そのために様々な質問をさせていただいたり、質問紙に書いていただいたりしています。

話しづらい内容でも、できるだけ正直にお話いただくことで提案の質が変わってきます。

 

個別面談をするとどうなるの?

1回の面談では伝えきれませんが、6回面談をされた方には次のことを主にお伝えしています。

  • イライラのコントロール
  • 大人のアンガーマネジメント
  • 子どもの良い行動を増やす3つのポイント
  • 子どもを褒める6つのタイミング
  • なぜ子どもは「悪い(望ましくない)行動」をしてしまうのか
  • 子どもともっと仲良くなる方法
  • お子さんの特徴と言葉がけのポイント
  • 脳科学に基づく子育て
  • 子どもの人生の質を上げるための3つの関わり方
  • 癇癪やパニックを起こした時の接し方・予防の方法
  • 子どもと大人の自己肯定感をあげる方法

など、お子さんや親御さんの状況に応じて提案をしていきます。

 

個別面談をすると他に特典はある?

大きな特典はありませんが、岡山のコミュニティにいる方と関わる機会が多くなると思います。

そのため、一人で考え込んだり、苦しんだりすることも減ることが予想されます。

私は、誰もが「どこかのコミュニティに所属している状態」を目指したいとも考えています。

孤立はリスクです。

できる限り繋がり、悩みを共有し、次の一歩を踏み出してほしいです。

 

個別面談の料金は?

1回 120分 20,000円

6回 × 120分 120,000円

 

オンラインサロン「シェアライフ」会員の方は会員価格での個別面談が可能です。

お気軽にお問い合わせください。「シェアライフ」HPはこちら

 

個別面談の時期じゃないなと思ったら?

様子をみることも必要なこともあるかもしれませんよね。

弊社は主催のイベント・勉強会等、様々開いています。

そちらで学んだり、交流を深めることもできます。

時々、ご相談に乗ることができる時もあります。

ラクタスコンサルティングオフィスのFacebookページをチェックをしてみてください。

(ページに「いいね」を押すと、お知らせが必ず届きます。)

 

面談を受けたいと思ったら?

子どものため、自分のため、家族のために面談を受けると決まった場合はこちらの本文のところに、

1 お悩み。

2 いつから悩んでいるか。

3 これまでにどのようなことをしてきたか。

4 何を知りたいか。

をご記入の上送信してください。

 

最後に

面談を受けるということは、当たり前ですが「時間」を使っています。

「時間を使う」ということは「命を使うこと」と同じだと私は思っています。

今、この文章を読んでいる時間も「命を使って」くださっているということです。

ありがとうございます。

あなたが時間を使って私に「命をくださる」以上、

私も残りの命の時間を使って全力でやらせていただきます。