自己肯定感が高い子どもに育てる!そのために〇〇をゆるす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「自分を大切だと思う気持ち」と言われている自己肯定感は、人が生きていく上でとても大切なものです。

子ども時から自己肯定感を育て、大人になって欲しいですね。

では、自己肯定感が高い子どもに育てるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

自己肯定感が高い子どもに育てる!そのためには〇〇をゆるす!

あなたなら、こんな時、どうしますか?

〜〜〜〜

5歳の男の子ですが、赤ちゃんが生まれてから、だんだん甘えるようになってしまっています。

これまで教えてきて、できるようになってきた靴をはくことや、着替えをすることも、

「やって〜〜〜!!」

と甘えてきます。

わざと、食べ物をこぼしたり、手をかけることをしてきます。

〜〜〜〜

できるはずのことでも、甘えてくる子ども、あなたならどうしますか。

 

自己肯定感の高い子どもにするには〇〇をゆるそう!

子どもの心は「かまってほしい」という気持ちと、「自分でやりたい」という気持ちを繰り返して成長していきます。

たくさんかまってもらうことで、子どもは愛情や安心感を感じます。

十分な愛情をもらうことで、だんだん、外に関心が向かってきます。

愛情はガソリンと同じなんですよね。

ガソリンが入れられることで、車は走ります。

愛情をもらえることで、子どもは挑戦できるようになります。

 

つまり、子どもの甘えをゆるして、包み込んであげることで子どもの自己肯定感が育っていきます。

 

自立の反対は、甘えと捉える方が多くいます。

だから、自立のためには、厳しく子育てをするべきだと主張する人もいます。

しかし、実際はそうではありません。

「甘えることで、自立していく」のです。

 

まとめ

「甘えさせる」とは、

子どもがどうしてもできない物事に、大人がサポートすること。

子どもが不安を感じた時に、大人が寄り添ってサポートすること。

子どもたちの心に外側の世界に出ていくためのガソリンを、たくさん入れてあげたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

〜親も子もラクになる「幸せ子育てのアイデア」メールセミナー〜

子育てについて、こんなお悩みありませんか?


・簡単なことがなかなかできるようにならない。

・うちの子ちょっと変わってる?

・どうやって育てたら良いかわからない・・・。

・他の子と比べるとなんか違うように感じる。

・子どもの苦手を鍛えたほうがいいの?それとも得意を伸ばしたらいいの?

・「動き回ってしまう」「コミュニケーションがうまくできない」発達の凸凹って何?

あなたとお子さんが“幸せな親子”になるための子育てのアイデア配信しています。


 

いますぐ登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*