「イライラ子育て」をガラッと変える!!リフレーミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「わがままがひどくてイライラする・・・。」

「うちの子は諦めが早い・・・。」

「なんだか自分に自信が持てていないみたい。」

子どものマイナスイメージがどうしても先に来てしまい、気が滅入る・・・。

でも、見方を変えると、全く違った子どもの姿を見つけることができるかもしれません。

そのために「リフレーミンング」を使います。

イライラ子育てを変える「リフレーミング」

リフレーミングとは「その人が持っている考え方(フレーム)を違う角度から考えること」です。

マイナスのイメージも、プラスのイメージに「リフレーミング」することで、新しい子どもの姿を見つけることができます。

よくリフレーミングの例としてあげられるのが、

コップに半分の水を「もう半分しかない」と考えるか「まだ半分ある」と考えるか

というものがありますね。

このように、リフレーミングをすることで考え方を180度変えることができます。

 

【練習】イライラ子育ての考え方を変えてみよう!

では、実際に考え方を変えてみましょう。

これから出すマイナスイメージの例を、リフレーミングしてプラスのイメージに変えてみましょう。

少し、スクロールをやめて、考えてみてくださいね。

・ものごとをすぐに決められない。

・諦めが早い。

・目立ちたがり屋。

・威張っている。

・細かいことを気にしすぎる。

・落ち着きがない。

 

リフレーミングできそうですか?

 

【実践】イライラ子育ての考え方を変えてみよう!

 

・ものごとをすぐに決められない。

 →一つのことについて、一生懸命に考えることができる。

・諦めが早い。

 →気持ちの切り替えが早く、挑戦がすぐにできる。

・目立ちたがり屋。

 →積極的で、自分を表現することが得意。

・威張っている。

 →周りの人の世話をすることが得意で、みんなの役に立ちたいと思っている。

・細かいことを気にしすぎる。

 →ものごとを真面目に、深いところまで考えることができている。

・落ち着きがない。

 →とっても活動的で、元気がいっぱい!

 

まとめ

 

目の前にいる子どもの姿は変えられません。

しかし、捉え方や考え方を変えることによって、イライラを減らすことができます。

 

マイナスイメージもプラスイメージに変えて、子どもに優しくなれるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

〜親も子もラクになる「幸せ子育てのアイデア」メールセミナー〜

子育てについて、こんなお悩みありませんか?


・簡単なことがなかなかできるようにならない。

・うちの子ちょっと変わってる?

・どうやって育てたら良いかわからない・・・。

・他の子と比べるとなんか違うように感じる。

・子どもの苦手を鍛えたほうがいいの?それとも得意を伸ばしたらいいの?

・「動き回ってしまう」「コミュニケーションがうまくできない」発達の凸凹って何?

あなたとお子さんが“幸せな親子”になるための子育てのアイデア配信しています。


 

いますぐ登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*