子育てのイライラを減らす!?「子どもは〇〇」という考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
子育て イライラ

子どもはなぜ泣くのでしょうか。

なぜ暴れるのでしょうか。

なぜ動こうとしないのでしょうか。

誰が悪いのでしょうか?

子育てのイライラを減らす「子どもは〇〇」という考え方

こどもの行動には全て意味があります。

叫ぼうとも

暴れようとも

泣こうとも

動こうとしなくとも

必ず意味がある。

だから、強く怒ったところで子どもが変わるかというと、そうではないのです。

子どもは〇〇という考え方をすることで、イライラは解消されていきます。

その考え方とは、

「子どもは、悪くない。」

どんなことをしていても。
自分の想いを、見える形で、見えない形で必死に訴えかけてきている。

立場にいつでも立ち返る必要があります。

しかし、だからと言って、親が悪いというわけではありません。

根本的な原因を探ることが必要です。

つまり、

子どもは悪くない。

親も悪くない。

考え方や、関わり方を変えていこう

ということなのです。

 

その子にあったやり方。

親にあったやり方。

家族にあったやり方、を探していくことがとても重要なのです。

子育て イライラ

 

まとめ

なぜ子どもは変わらないのでしょうか。

それは、私たち大人が、子どもが必死で伝えようとしていることに目を向けていないから。

子どもは悪くない。

どんなことをしていても。

自分の想いを、見える形で、見えない形で必死に訴えかけてきている。

想いを受け取れないのは、受け取り手の問題。

そう。

だからこそ「大人」に知ってほしいことが沢山あるのです。

 

参考文献 『明日』佐倉淳一 著

明日 (単行本) https://www.amazon.co.jp/dp/404110582X/ref=cm_sw_r_cp_api_u2k3ybHRR0V29

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料動画セミナー:子どもがみるみる成長する3つのポイント

・毎日子どもを叱ってばかりで、本当に疲れ切ってしまう

・どうしてこんなに落ち着きがないのだろう

・いつになったらこの子は、自分のことができるようになるの・・。

・このまま放っておいたらこの子は将来どうなってしまうのかしら。

いつから悩んでいますか?

自分なりに色々と手を尽くしたけれど、どうしようもできなかった・・・。
そんな、あなたのためにメールマガジンを書きました。

 

あなたはご自分のことを責めてしまっていませんか?

 

「子どもがいうことを聞かないのは、母親である私のせいかも・・・。」

「きちんとしつけなきゃ・・・。」

「一生懸命やっていてもどうにもならない。私ってダメなのかな。愛が足りないのかな」

いいえ、そんなことはありません。

愛は十分に足りています。

 

必要なのは、あなたの今ある愛と子どもをサポートする新しい知識です。

 

また、ラクタスメルマガ会員になると、以下のものをプレゼントしています。

  1. 子どもがみるみる成長するメールセミナー

  2. 会員限定記事

  3. 会員限定動画

  4. 会員限定のウェブセミナー

  5. メール会員だけがみられるメルマガ


 

ラクタス通信
第1回 【子どもに気持ちが伝わらない本当の理由】

第2回 【子ども悪くないなら、誰が悪い?】

第3回 【子どもをサポートするための3つのポイント】

第4回 【〇〇することの大切さ】




「子どもがみるみる成長するメールセミナー」の詳細を知りたい人は下記より今すぐ詳細をチェック!

 

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*