最近よく聞く「オンラインサロン」とは何?特徴や内容は?費用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近よくインターネットニュースで話題に出るようになった「オンラインサロン」

そもそも、オンラインサロンとは何なのでしょうか。

どんな人がオンラインサロンをやっていて、どのような内容なのでしょうか?特徴や気になる費用は?

また、始めるにはどんな資格が必要なのでしょうか?

オンラインサロンとは何?

オンラインサロン 内容 費用

聞きなれない「オンラインサロン」という言葉、そもそも何なのでしょうか。

DMMオンラインサロンでは、次のように説明されています。

DMMオンラインサロンとは、「学べる・楽しめる」会員制コミュニティサービスです。
憧れの著名人や共感しあえる仲間のいるサロンで、密なコミュニケーションをとることができます。

https://lounge.dmm.com/page/beginner/

つまり、オンラインサロンとはWEBやリアルを通して様々な人と「繋がれる・楽しめる」会員制のコミュニティサービスです。

オンラインサロン 内容 費用

現在のところ、フェイスブックを活用したオンラインサロンが多いようです(FB以外は実際見当たりません・・・。)

HPを作り、そちらに関連記事などをあげながら、交流はFBで行なっている方もいます。

例えば、四角大輔さんの「Lifestyle Design Camp」がそうですね。

岡山と小代が運営するオンラインサロン「シェアライフ」は、主にFacebookグループを活用しながら様々な人の想いをカタチにする取り組みを行っています。

 

オンラインサロンの特徴って何?

オンライサロンにも、様々な種類があります。

  • 著名人、有名人がファンクラブ的に活用しているもの。
  • 専門家・評論家が知識や情報などを発信しているもの。
  • 同じ趣味の方々が集まり、独自のプロジェクトなどを企画するためのもの。
  • 様々な分野の方が占いやセラピーなどの個性的なコンテンツを配信しているもの。
  • 地域の活動に限定し、密な交流を行うプラットホームとして活用しているもの。

つまり、FBなどのSNSを用いたあらゆる交流ができることがオンラインサロンの特徴です。

一人で運営しているものもあれば、二人や三人で運営をしているオンラインサロンもあります。

有名なのは、DMMオンラインサロンです。

オンラインサロン 内容 費用

「DMMオンラインサロン」のサービスは、簡単に言うと「オンラインサロンのまとめ役」であり、「広告塔」です。

著名人から一般人まで様々な人が登録をしています。数は数十から数百まで登録されているのではないかと推測しています。

ただ、オンラインサロンの主催者全てが登録しているわけではありません。

お笑い芸人の西野亮廣さんはDMMには登録していません。

そういう意味で、超鎖国空間であるオンラインサロンに興味が沸いてきて、有料オンラインサロンのプラットフォームを展開する『シナプス』のスタッフさんに話を伺ったところ、
「まずは、西野さんがウチのサービスに見合った人物であるかどうかを審査させていただきます」
と言われたので、その瞬間にシナプスさんとは縁を切って、シナプスさん他、オンラインサロンのプラットフォームを展開している方々が、一体どういった仕事を代行してくださるのかを質問してみた。
聞けば、
手数料は約20%で、
代行してくださる仕事は「オンラインサロンの入会チケットを売って、チケット購入者を非公開のチャットグループに誘導する」というぐらいで、「いやいや、それだったらBASEでチケットを売って、Facebookの非公開グループに招待すれば、手数料ゼロ円でやれるじゃん」と結論し、オンラインサロンのプラットフォームは使わずに、DIYでオンラインサロンをやることにした。
(オンラインサービスって、なんで成立しているの?https://lineblog.me/nishino/archives/9278845.html

大手のオンラインサロンサービスを活用する人も、個人でオンラインサロンをする人もいるということです。

しかし、内容やプラットフォーム(フェイスブック)に大きな違いは無いようですね(そもそも一人ひとりサービスは違うのですが・・・)。

 

オンラインサロンの内容は?

オンラインサロンの内容は大きく分けると、二つに分かれます。

一つは、オンラインで完結するサービス

もう一つは、オフライン(リアル)で行うサービスです。

オンラインサロン 内容 費用

オンライン(Facebook上)でできること

  • 会員限定の情報発信
  • 会員同士の交流
  • オンライン講座(Facebookライブ配信・映像配信・)
  • 会員同士でのコミュニティ作り
  • 主催者と会員の交流(オンラインサロンによっては無いものもあるようです)

Facebook上での交流が主になります。インスタグラムやツイッターではできないことがありますからね。

Facebookのオンラインサロンが流行っているのは「Facebookが実名制での利用が義務付けられているから」とも考えられます。名前が見えると安心しますものね。

では、オフライン(リアル)ではどうでしょうか?

オンラインサロン 内容 費用

 

オフライン(リアル)でできること

  • 会員同士の交流
  • 毎月1回の定例イベント(トーク+懇親会)
  • 勉強会・情報交換会
  • 主催者との合宿
  • 主催者との旅行
  • 交流会
  • 各種イベントへの参加
  • 会員限定特典(限定品、限定サービスなど)

実際に主催者と会員同士が会えるリアルな場では様々なことが実施できているようです。

また、西野亮廣さんが主催しているオンラインサロンではおとぎ町がオンラインサロン会員や、おとぎ町のファンクラブに入っている方々の待ち合わせ場所になっているようです。

西野さんはホームレス小谷さんとともに、オンライン上だけではなくてリアルでの関わりもものすごく大切にされているようです(岡山は西野さんの取り組みがかなり好きです)

オンラインサロン 内容 費用

 

オンラインサロン 内容 費用

オンラインサロン 内容 費用

つまり、オンラインだけの関わりでなく、オフライン(リアル)での関わりもできるのが「オンラインサロン」の特徴でもあるのですね。

 

オンラインサロンの費用ってどのくらい?

無料のものから、1万円を超える高額なものまで様々あります。

料金体系は、基本的に1ヶ月あたりの購読システムになっているようです。

有名どころでは、西野亮廣さんのオンラインサロンは半年で6,000円。1ヶ月あたり1,000円。

乙武洋匡さんの「密室放談」は3,240円。

芸人の渡部建さんの「渡部建のとっておきの店、こっそり教えます」は5,000円。

ホリエモンこと、堀江貴文さんが運営しているオンラインサロン「HIU」では10,800円

大阪維新の会でも代表をしていた橋下徹さんのオンラインサロン「橋下徹の激辛政治経済ゼミ」も10,800円

などがあります。

1万円を超えるとなると、なかなか入会は難しく思えそうなものですが、堀江さんのオンラインサロンには2000人(!)を超える方が入会しています。

ホリエモンさんなどの芸能人レベルの方に会えたり、交流できたりするなら安いのかもしれませんね。

つまり、オンラインサロンは「価値」を提供する場でもあるのですね。

金額にあった「価値」が得られるかどうか、入る前には吟味が必要ということです。

 

オンラインサロンに入るために必要なものは?

オンラインサロンに入るために必要なものは

  • Facebookアカウント
  • インターネット環境
  • スマホかパソコン
  • 月々のお金

くらいだと思います。

あとは、堀江貴文さんが言っているようなことが大切だと思います。

私はとにかく一度きりの人生を大満足しながら生きていきたいと思っている。そしてメンバーにもそれを体感して欲しい。自ら積極的にプロジェクト起こしたり、むしろ運営する側として能動的に参加するくらいがいい。例えば雑誌やウェブメディアの対談やイベントなどにスタッフとして参加したりとか、あるいは私が構想している事業に運営スタッフとして関わったり。他にも同種のサービスはあるが、勉強とかそういう感じではなく、全力で実践的に人生を楽しもうというサロンなので、払った額以上のベネフィットを得ようと必死に主体的に参加して欲しい。https://lounge.dmm.com/detail/87/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

様々な方々が運営するオンラインサロン。

あなたにあったオンラインサロンが見つかり、より豊かに楽しく人生が過ごせると素敵ですね♪

オンラインサロン 内容 費用

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*