人生を救う先輩の一言

今回は教師であり、カウンセラーでもある長谷川舜さんのお話です。

体も小さく、勉強も運動も苦手だった長谷川さんは、格好のいじめの的だったそうです。

中学校時代にいじめにあい、毎日が辛かった。

親にも相談できなかった。

そんな彼の人生を救い、さらにカウンセラーになるきっかけもつくった一言がありました。
その人生を救う「先輩の一言」とは何でしょうか。