保護者の声を聞こう【教育カフェ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

教育カフェを開催しました。

今回は食育指導士であり、3人の発達障がいのお子さんを育てていらっしゃるお母さんがスピーカーです。

教育カフェの様子

 

みなさん熱心にお話を聞かれていました。

参加された方の感想

教育カフェは初めてでしたが、本当に来て良かったと思いました。

子育ては、悩みが本当に多いです。

うちが間違っているんんじゃないかとか、いつも不安だったりするので、今日、お話を聞いて、あーわかる!とか、そうだ!とか、たくさん共感しました。

「長い言葉で怒るのに、褒める言葉は短い。」

「場面、場面を切り取って長く褒める」

「大人の行き方を見てる」って聞いてハッとしました。

すごく学びになりました。

子育てに発達障害のあるないは関係なくて、あくまでも親と子の関わりかたなんだなと思いました。

「子どものためを思っていう言葉が返って子どもを追い詰める・」

これも本当にイナズマが走りました。

今日は本当にありがとうございました。

早速留守番をしていてくれたことを感謝を伝えて褒めてあげたいと思います。

岡山さん、ありがとうございました。 斎藤美穂さん

長嶋さん今日は誠にありがとうございました。

私も当事者として、息子さんの気持ちが非常にわかります。

自分が困らせようとしているのではなく、良かれと思ったことを母の思いのみで気持ちを支配され、自分のことを本心で見てくれているのかな?と思い、不良グループとつるみ、非行に走ったことがありました。

息子さんの想いや気持ちを汲み取って、息子さん目線でお考えになられる事、素晴らしいです。これからも息子さんのお気持ちを大切にしていただけたら私もうれしく思います。 岡基樹さん

今日は、貴重なお話をありがとうございました。

私は、最重度の障害を持つ子を担当して、毎日幸せを感じます。感動も!

私の言葉、体温、足音、全てに反応してくれます。

反応の仕方は、指先、目の動き、呼吸など小さな表出dす。でも、それがお互いに感じ会えた時、生きている喜びがあります。何もできない自分でも、心を通わせてもらえることが嬉しいです。

この重度の子供達は、呼吸をするだけで一生懸命。

普通の人は、この子たちの呼吸を体験するだけで(10分)口内炎だらけになってしまうそうです。

だからというわけではないのですが、「いい呼吸だね^^」と呼吸までも褒めます‼︎

長嶋さんも、なんてすごいお母さんなのだろうと心から尊敬します!

お子様も素晴らしいです。自分に拍手ですよ!大切なことたくさん教わりました。 杉山藍美さん

SNSでもご購読できます。