子育てを楽にしたいあなたへ。まずは〇〇しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

正解がない子育てへの不安が大きい。

どうしたら良いか分からず、子育てが苦しく感じてしまう・・・。

そんなあなたに必要な〇〇について、お伝えしています。

 

子育てを楽にするには、まず、自分が幸せになる。

あなたが幸せだと感じる瞬間はなんですか。

ちょっとしたことでもいいんです。

「あ、やってよかったな。」

とか、

「ほっ。」

とする瞬間はなんでしょうか。

子育てを楽にするには、楽でいる瞬間を増やすことです。

つまり、あなたの「ほっ。」とする瞬間を増やすことが重要なのです。

お母さんがイライラ、カツカツしていて、子どもも落ち着くことはできません。

落ち着かないため、お母さんは余計にイライラする・・・・という悪循環になりかねません。

まずは、あなたが幸せになることが第一です。

「ほっ。」とする瞬間を増やしてください。

 

子育てを楽にするために「あなた」の自己肯定感を高めましょう。

自己肯定感とは「自分はいていいんだ」「自分は価値がある存在なんだ」と思う気持ちです。

自己肯定感は、人生のすべての面で関わってきます。

もちろん、子育てにも影響しています。

「私って、ダメな母親だから・・・。」

「私なんていなければ・・・。」

と思っているお母さんでは、子どもは心配してしまいます。

断言します。

あなたは間違いなく価値ある存在です。

そして、愛されています。

声に出して言ってみてください。

「私は、ただいるだけで愛されています。」

このブログを見て、子どものために学ぼうとしているあなたが、価値がないはずがありません。

子ども想いの素敵なお母さんです。

まずは、あなたの自己肯定感を高めましょう。

 

子育てを楽にするために「お子さん」の自己肯定感を高めましょう。

親が楽になれば、子どもも楽になります。

しかし、同時に楽になる方法もあります。

1 間違いを許す

時々、子どもは大変な間違いをします。

万引きをしてしまったり、人にけがをさせてしまったり、小さなものから大きなものまで様々あります。

しかし、人は誰でもミスをします。

完璧に生きている人は一人もいません。

誰もがどこかで、失敗したり、ミスをしています。

子どもは「間違い」から学んでいきます。

一つの間違いを指摘して、自己肯定感を無駄に傷つけるのは避けたいです。

しかるなら、短く、ズバリと伝え、それ以降は二度と掘り返さない

ことが重要です。

何度も過去の失敗を言われることは辛いです。

間違いは許すことも重要です。

 

2 そのままを受け入れる

子どもはそのままの存在が美しいです。

一人一人感じ方や、考え方は違います。

子どもも同じ。

味覚も、触覚も、聴覚も、五感すべてで親とは違います。

違うことを「何で!?」と叱ったり、怒っても仕方がありません。

子どものそのままを受け入れてあげましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『子育てが「楽に」「楽しく」なる』365の方法を無料で差し上げます

今の子育てに満足していますか?


満足している方は、これから先はお読みいただかなくても大丈夫です。


子育てについてこんなお悩みはありませんか?




□子どもの気になることについて、医療・相談機関へ行っても具体的なアドバイスがない。


□子どもに対してもっとあたたかな気持ちでいたい・・・。


□「なんでこんなことをするんだろう。」と気になってしょうがない。


□子どもは叱るより褒めた方が良いと聞くけれど、本当なの?


□子育ては初めてなのに、相談できる専門家がいない・・・。


□子どものことは大切に思っている(思いたい)のに、どうしたら良いかわからない。


​□子どもとコミュニケーションがうまく取れていないと思う。


□いつも動き回っていて落ち着かない。



子育ての悩みは尽きません。


そのお悩みを無料で解決したい方はこちらへどうぞ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*