静岡市でキットパスのワークショップに行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まず、結論から。

 

キットパスは最高でした!

理由はいくつかありますが、もっとも大きかった理由は、

「片づけが簡単であること」

でした。

これらの色にスタンプや綿棒をつけ、絵を描いていきます。

 

紙や腕、手などに綺麗に色がつけれられるということももちろん素晴らしいのですが、

  • 水で簡単に落ちる
  • よってウエットティッシュがあれば簡単に落とせる。
  • ゴミが出ない。
  • 水バケツが不要
  • 子どもでもすぐに簡単に片づけられる。

といった良さがありました。

元教員の僕の立場から見たら、最高の教具です!!!

絵の具で絵を書こうとしたら、水バケツを バシャーン! とこぼしちゃう時もよくありました。

けれどもキットパス『Asobody』なら、水バケツは必要ないのでその心配もありません。

 

こんな作品ができます。

つくし

ひよこ

顔にもかけます。けれど、ルールがあるので、きちんとインストラクターさんに学びましょう♪

図工が苦手な岡山でもすぐに、簡単にできました!

つまり、工作好きな方がキットパスを手足のように自由に使うことができたら、鬼に金棒。

周りの子どもたちにも教えてもらうことで、そこにいる家族みんながハッピーになりそうです。

素晴らしい時間でした。

海野さん、高橋一人さん、ありがとうございました!!!

キットパス「Asobody」についてはこちら

キットパスを作っている日本理化学工場さんについてはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*