【家庭と学校のすれ違いをどう解決するか。】 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
問題行動 チェックツール
子どもの行動を見るときに、家庭と学校とですれ違いが起きることがあります。
それは、それぞれ「主観を持っている」ためです。
 
家庭では、「小さな集団としての親からの主観」
学校では、「大きな集団としての教師からの主観」
社会では、「一定の目的をもつ組織としての主観」
 
その主観をまず、可視化し、誰がどのくらい困っているかを見えるようにすることで、より良いサポートができます。

問題行動 チェックツール

このシートでは、問題となっている行動をまず、書きます。
その後、それぞれの環境での困り感を主観的(記入者)の数値にします。
 
その後、いくつかある問題となっている行動に解決する優先順位をつけます。
 
優先順位は個人の様子や、支援者の状況によるため、一概にこれがいいということは言えないと思います。
 
ただ、重い問題行動から取り組めば良いという訳では内容です。
 
取り組みやすいものから始めることも良いかもしれません。
 
その後、「どのように取り組むか」について分析・計画を立てます。
 
あとは実行するだけです。
 
実行後のチェックをしっかり行い、今後の行動までデザインできるようにすると、より良い支援ができます。
 
#サポートスキルチェックシート #サポートスキル

無料動画セミナー:子どもがみるみる成長する3つのポイント

・毎日子どもを叱ってばかりで、本当に疲れ切ってしまう

・どうしてこんなに落ち着きがないのだろう

・いつになったらこの子は、自分のことができるようになるの・・。

・このまま放っておいたらこの子は将来どうなってしまうのかしら。

いつから悩んでいますか?

自分なりに色々と手を尽くしたけれど、どうしようもできなかった・・・。
そんな、あなたのためにメールマガジンを書きました。

 

あなたはご自分のことを責めてしまっていませんか?

 

「子どもがいうことを聞かないのは、母親である私のせいかも・・・。」

「きちんとしつけなきゃ・・・。」

「一生懸命やっていてもどうにもならない。私ってダメなのかな。愛が足りないのかな」

いいえ、そんなことはありません。

愛は十分に足りています。

 

必要なのは、あなたの今ある愛と子どもをサポートする新しい知識です。

 

また、ラクタスメルマガ会員になると、以下のものをプレゼントしています。

  1. 子どもがみるみる成長するメールセミナー

  2. 会員限定記事

  3. 会員限定動画

  4. 会員限定のウェブセミナー

  5. メール会員だけがみられるメルマガ


 

ラクタス通信
第1回 【子どもに気持ちが伝わらない本当の理由】

第2回 【子ども悪くないなら、誰が悪い?】

第3回 【子どもをサポートするための3つのポイント】

第4回 【〇〇することの大切さ】




「子どもがみるみる成長するメールセミナー」の詳細を知りたい人は下記より今すぐ詳細をチェック!

 

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。